HOME>アーカイブ>外壁が傷むことで起こるカビや雨漏りなどの悪影響

外壁が果たす重要な役割

塗装作業

外壁は大切な家を風雨から守る役目を果たしていますが、外壁塗装を行うことで風雨がもたらすダメージから逃れることができます。埼玉を含む関東地方は近年大型台風などの被害に遭うことが増えており、外壁塗装の劣化によって家が傷んでしまうケースが少なくありません。外壁塗膜が劣化すると色褪せやチョーキング現象を引き起こし、さらに劣化が進むと外壁にクラック(ひび)が入ります。チョーキング現象は壁を手で触ったときに白い粉がつくことで分かり、クラックは文字通り壁にひび割れができますのですぐに見つけられます。いずれもそのままにしておくと水分が浸潤してカビや雨漏りの原因となりますが、外壁塗装のやり替えを行うことで防止することが可能です。

大切な家を守るためには欠かせない

一軒家

外壁塗装がしっかり行われていないと、外壁から雨水が家の中へと侵入してきます。木造造りの家ならば家の土台となる木を湿気させ、白アリの大発生につながることも懸念されます。そのため埼玉の外壁工事を手掛ける業者では築10年を目安に外壁塗装のやり替えを推奨していますが、この10年というのは塗料の防水機能がなくなる時期なのです。一見傷んでいないように見える外壁でも、大切な家を守るためには10年を過ぎないうちに塗料の塗り替えを行うことをおすすめします。

雨漏りしてからでは工事期間も長くなる

一軒家

壁や天井付近に雨漏りによるシミを見つけた場合、通常は屋根修理業者に連絡するのが一般的です。埼玉でもそのようなケースは多数ありますが、実は雨漏りは天井からだけ起こるとは限りません。雨漏りする原因には外壁塗装の劣化により、塗料の防水性や耐水性が失われることも挙げられます。つまり外壁から伝って入りこんだ雨水がたまって、長雨や台風などで一気に雨量が増えると雨漏りしてしまうのです。雨漏りがひどくなってからの外壁塗装は、工事が完了するまでに時間や費用がかかります。そのため梅雨入りや台風シーズンがやってくる前に、外壁塗装の専門業者に点検してもらっておくと安心です。