HOME>記事一覧>知っておきたい基礎知識や知っていると便利な豆知識

塗装に変色が見られる

埼玉で外壁塗装が必要かと悩んでいる人も多いかもしれませんが、外壁塗装に最適な時期やタイミングを逃したことで、高額なリフォームに発展してしまったケースも多いものです。このようなことにならないためにも、外壁に塗り替えの時期を表すサインがないかどうかをたしかめてみると良いでしょう。その一つ目に挙げられるものが変色です。これは塗料の耐久性がなくなってきている証拠で、放置することで劣化が促進されます。今すぐに対処しなければならないわけではありませんが、そろそろ外壁塗装を考え始めた方がよいでしょう。

白い粉がふいている状態

塗装の時期が来ている症状として、チョーキング現象が挙げられます。これは塗料が粉状になっているもので、手でさわったときに白い粉が付着する現象です。このままの状態では紫外線や雨風などを防ぐことができなくなり、さらなる劣化を招きやすいので、埼玉の外壁塗装の依頼を検討しはじめましょう。

カビや苔、藻が繁殖している

外壁塗装がなされている部分に汚れや雨水がたまると、カビや苔、藻などが繁殖するようになります。これらの繁殖は塗装の劣化を進行させるものであり、定期的に自分で外壁を洗浄したり、業者に掃除を依頼するのがおすすめとされています。このような状態がみられた場合にも、埼玉の外壁塗装の検討が必要です。

ひび割れや剥離がみられる

塗装がひび割れていたり、はがれやめくれが発生した場合には、既に塗装の効果が切れている状態で、建物の防水性もなくなっています。すぐにでも埼玉の外壁塗装の依頼が必要な状況といえます。何も対策をせずに放置すれば、建物の重大な劣化を引き起こしたり、本来であれば必要のなかったメンテナンス費用もかかってしまいます。